• 【成分別】若返り化粧品を使ってみました
  • お肌の若返りを助ける成分
  • おすすめ若返り化粧品はこれ!
  • お肌を10歳若返らせる基礎講座
  • 教えて!お肌若返りQ&A

セラミド

セラミドはお肌の保湿効果だけでなく、バリア機能を正常に保つ機能を持つため、不足してしまうとお肌の老化が急速に進む原因となります!いつまでも健やかな美肌でいるために、セラミド含有化粧品を毎日使って成分を補い、お肌の若返りを目指しましょう。

セラミドはお肌から吸い込むのが一番効果的

セラミドはお肌の角質層に存在し、細胞と細胞を繋ぎとめてくれる大切な成分。優れた保湿効果があるほか、お肌のバリア機能に欠かせない成分であり、セラミドが不足すると外部からの刺激で肌荒れ・炎症が頻繁に起こり、シワやたるみ、しみの原因を作ってしまいます。若々しいお肌を保つには、バリア機能を正常に保つことは非常に大切なことなのです。

セラミドは本来、体の中にある成分ですがお肌への刺激や加齢によって減少してしまいます。50代のお肌には、10代の頃の約半分ぐらいになってしまうとのこと!

これを防ぐには、「セラミドを化粧品で補う」のが一番。セラミドはコラーゲンやヒアルロン酸と違い角質層で機能しているため、化粧品等で浸透させた成分でもきちんと肌内部で保湿効果・バリア機能の強化を担ってくれます。

ただし、セラミドには色々な種類があり、なるべく元々お肌に存在する成分に近いもののほうがパワフルに機能してくれます。

  • ヒト型セラミド
    人間のセラミド構造と同じような構造を持っており、酵母を利用して生成されているので成分も安心。保湿力とお肌への浸透力が高く、塗布してすぐにお肌内部に元々存在するセラミドと同様の働きが期待できます。
    今までは水に全く溶けない&その他の成分にも非常に溶けづらく、化粧品に配合するのは困難と言われてきましたが、技術の進歩により「ヒト型ナノセラミド」が誕生。従来のセラミドよりかなり高い浸透力があるものが化粧品にも配合できるようになったとのことです。
  • 動物性セラミド
    お肌に良く馴染み浸透性も高く、即効性があります。天然成分なので化学的な成分が心配な方におススメです。以前は牛由来のものが主流でしたが、狂牛病問題などがあったため、現在は馬由来(セレブロシド)がほとんどです。
  • 植物性セラミド
    こちらも皮膚との馴染みがよく安全性が高いセラミドです。保湿力は動物性と比べるとやや劣るところがあります。小麦胚芽や米ぬか油などから抽出されています。
  • 合成セラミド
    化学的に合成されたセラミドで、構造こそセラミドと同様ですが、お肌に浸透しづらく異物と認識される可能性も。お肌が弱い方、高いスキンケア効果を求めている方にはあまり推奨できない成分です。

体の内側からのアプローチも有効

一般的に美容成分は食べてもあまり意味がないものが多いですが、セラミドは食品から摂取してもきちんとスキンケア効果があります。体の内側と外側、両方からケアすることでセラミドが常にたっぷり存在するお肌をキープすることができるんですよ。

おススメの食品は植物性セラミドなどの原料になる米、小麦、大豆、乳製品など。近年注目を集めているのは「こんにゃくセラミド」で、たった100gで1日の必要量が摂取できるので非常におススメです。

【成分別】若返りの化粧品を使い比べ 体験レポートを今すぐチェック!

※本サイト「お肌の若返りガイド」は、お肌を若返らせる方法について個人が調べた情報と一般の方にご協力頂いて作成した体験談をまとめています。成分や化粧品などの情報は、2015年9月現在のものでありますので、最新情報は各公式サイトで確認してください。

注目の成分「水素」の若返りの秘密を徹底解剖

教えて!お肌若返りQ&A

サイトマップ