• 【成分別】若返り化粧品を使ってみました
  • お肌の若返りを助ける成分
  • おすすめ若返り化粧品はこれ!
  • お肌を10歳若返らせる基礎講座
  • 教えて!お肌若返りQ&A

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は1gで6Lもの水を抱え込む、パワフルな保水力の持ち主。若々しいハリのある肌には必須成分ですが、化粧品に配合された成分はお肌の奥できちんと保水効果を発揮するのでしょうか?化粧品の効果と、肌内部のヒアルロン酸の増やし方をお教えします。

化粧品のヒアルロン酸はお肌表面に残ります!

ヒアルロン酸をはじめとする、細胞と細胞の間にある成分は「結合組織」と呼ばれ、しっかりと細胞同士をつなぎとめています。これらの働きのお陰で、人間の体は全体の60%が水でもきちんと形を保っていられるのです。

スキンケアの世界においてヒアルロン酸の効果といえば、お肌の中で水分を蓄えて離さない「強力な保湿」という認識が一般的。肌の水分量増加目的でヒアルロン酸配合化粧品を選んでいる方も多いと思いますが、実はヒアルロン酸もコラーゲン同様分子が大きく、とても肌細胞の隙間へ浸透できるようなサイズではありません。大きな分子でお肌の隙間を覆うため、表面の保護をすることはできますが、化粧品では多くの方が期待するような保湿効果は得ることができないのです。

しかも、ヒアルロン酸は水分を抱え込んでしまう性質があり、肌表面がさらりと乾かずいつまでもベタベタと残ってしまいます。肌表面がいつまでも湿っていると、雑菌が繁殖する可能性もあるので、敏感肌の方にはあまりオススメではありません。また、乾くまでに時間がかかるので忙しい朝などにも不向きです。

では、食品からの摂取はどうなのか?というと、残念ながら、国立健康栄養研究所の見解によると「現時点では人体に有効であるという信頼できるデータはない」とのこと。さらに安全性についても「おそらく安全だが、信頼できるデータがない」とこちらも微妙な見解。

お肌のヒアルロン酸を増やすにはどうしたら…?

化粧品でも食品でもヒアルロン酸は増えないということは、何をすればお肌にヒアルロン酸は増えるのでしょうか?

一番の近道は、「ヒアルロン酸を作りだす細胞を元気にしてあげる」こと。ヒアルロン酸やコラーゲンは、お肌の真皮層にある「繊維芽細胞」というところで作られています。この細胞が元気ならば新しいヒアルロン酸が次々に生み出されますが、加齢や活性酸素によるダメージなどの原因で細胞が弱ってしまうのです。

活性化するには、まず活性酸素から細胞を守るために「抗酸化力」の強い成分を取ること。ビタミンCやポリフェノール、水素水などがおススメです。また、ミネラルには繊維芽細胞を増やす働きがあることがわかっていますので、こちらも積極的に摂っていきましょう。

加齢によるヒアルロン酸の減少はやや致し方ないところがありますが、活性酸素を生み出しづらい健康的な生活、バランスの良い食事を心がけることで、減少に歯止めをかけることができます。今現在不規則な生活をしている方は、スキンケア成分に頼るのも良いですが、まず日常生活を改めてみてください。

【成分別】若返りの化粧品を使い比べ 体験レポートを今すぐチェック!

※本サイト「お肌の若返りガイド」は、お肌を若返らせる方法について個人が調べた情報と一般の方にご協力頂いて作成した体験談をまとめています。成分や化粧品などの情報は、2015年9月現在のものでありますので、最新情報は各公式サイトで確認してください。

注目の成分「水素」の若返りの秘密を徹底解剖

教えて!お肌若返りQ&A

サイトマップ