• 【成分別】若返り化粧品を使ってみました
  • お肌の若返りを助ける成分
  • おすすめ若返り化粧品はこれ!
  • お肌を10歳若返らせる基礎講座
  • 教えて!お肌若返りQ&A

レチノール(ビタミンA)

レチノール(ビタミンA)にはシワ、たるみ、クマ、くすみ、ニキビ等を消す効果があり、若返りに効果大!ですがあまり良くない噂もあります。ここではレチノールが持つ効果と噂の真相について、徹底解明。おススメの配合化粧品についても解説します。

レチノールは実際お肌に良いの?悪いの?

レチノールには、加齢によって出てくる様々な肌悩みを解消してくれる効果があると報告されています。ちなみに、レチノールそのものは不安定で熱や光に弱く、すぐ壊れて効果が低くなってしまうため、化粧品等には安定しているレチノール誘導体(酢酸レチノール、パルミチン酸レチノール)が使われることが多いそうです。

  • しわを消す
    肌内部、真皮層のコラーゲンを増やす働きがあり、摂取することでシワを薄くすることができます。
  • たるみ・くすみを消す
    お肌のターンオーバーを促すため、くすみが消えていきます。また、ツヤ・ハリUP効果でたるんだお肌もピンと張るように。
  • クマを消す
    目元のむくみやたるみ、ちりめんじわを改善することで、お肌に落ちる影を改善しクマがなくなります。
  • ニキビを治す
    皮脂の分泌抑制作用により、ニキビが出来にくくなります。また、ターンオーバー促進で既存のニキビも早く治ります。

まさに、お肌の若返りには最適な成分で、すぐにでも取り入れたくなりますね!ですが、巷ではいくつか良くない噂もささやかれています。

レチノールがお肌を薄くする!?

医療分野で使われるレチノイン酸(トレチノイン)という成分は、皮膚のターンオーバーに強く働きかけてしまうため、皮膚が薄くなることがあります(化粧品には使えない成分です)。レチノールはレチノイン酸の前段階となる物質ですが、レチノイン酸の1/100程度の作用なので、心配はないとのこと。

レチノールをつけた肌が紫外線に当たるとシミになる!?

レチノイン酸をつけて皮膚が薄くなったところに紫外線が当たるとシミになりやすいのですが、レチノールでは皮膚が薄くならないため、シミができやすいなどのトラブル報告はありません。むしろ、レチノールは抗酸化力が高いためシミを消す働きがありますので、積極的に使用しましょう。

紫外線にあたるとレチノールの効果はなくなる!?

レチノールは不安定で、光や熱で分解されてしまいますので、あながち間違いではありません。しかし、配合されているすべてのレチノールが一瞬ですべて分解するとは考えにくいので、「徐々に効果がなくなる」というのが正しいと思います。レチノール誘導体であれば、光や熱の刺激に強く安定しているので安心です。

とはいえ、やはり化粧品は保管状態によって成分が変化することがありますので、日に当てず涼しいところでの保管をお勧めします。

このように、レチノールには様々な噂がありましたが、きちんと検証すれば全く問題ないことがわかります。 化粧品に配合して販売して良い成分は、基本的にそこまで強い影響を及ぼすものはありませんので、特別お肌が弱い等でなければ安心して使って大丈夫です。

【成分別】若返りの化粧品を使い比べ 体験レポートを今すぐチェック!

※本サイト「お肌の若返りガイド」は、お肌を若返らせる方法について個人が調べた情報と一般の方にご協力頂いて作成した体験談をまとめています。成分や化粧品などの情報は、2015年9月現在のものでありますので、最新情報は各公式サイトで確認してください。

注目の成分「水素」の若返りの秘密を徹底解剖

教えて!お肌若返りQ&A

サイトマップ