• 【成分別】若返り化粧品を使ってみました
  • お肌の若返りを助ける成分
  • おすすめ若返り化粧品はこれ!
  • お肌を10歳若返らせる基礎講座
  • 教えて!お肌若返りQ&A

ビタミンC誘導体

キレイで若々しいお肌にはビタミンCが必須と言われていますが、その詳しい理由をご存知ですか?ビタミンCがお肌でどんな働きをするのか、美肌・若返りにつながる理由、効果的な摂取方法やおススメのビタミンC成分、美肌効果が高く人気の化粧品をご紹介しています。

ビタミンCはお肌が老ける元を退治しハリをもたらす!

ビタミンは人間が生きていく上で必須となる栄養素。中でも特にビタミンCはお肌をきれいにする効果が高く、美容成分としても長く親しまれてきました。主な効能は、以下の通りです。

  • お肌のシワやたるみをはじめとする「エイジングサイン」を作り出す活性酸素を退治する、高い抗酸化力を持つ
  • メラニン色素を抑制・分解してシミの予防&改善を促す
  • コラーゲンの生成促進に大きくかかわっており、お肌のハリと弾力を生み出す
  • ニキビや肌荒れなどの炎症を鎮める、抗炎症作用がある
  • 皮脂の分泌を抑えることで、毛穴を目立たなくする

美肌効果だけでなく、若返りを狙う方にも嬉しい効果がたっぷりありますね。ビタミンCが万能美肌成分と言われているのも頷けます。

化粧品に配合されている「ビタミンC誘導体」って何のこと?

ビタミンCはお肌から浸透させても表面や角質層で高い美肌効果を発揮するので、是非とも化粧品から積極的に取り入れたい成分。ですが、ほとんどの化粧品にはビタミンCそのものではなく、「ビタミンC誘導体」というものが入っています。これは一体何なのでしょう?

実は、ビタミンCそのものをお肌に乗せてしまうと刺激が強すぎて肌荒れしてしまうケースが多々あります。また、とても酸化しやすいため、お肌に乗せる前に使い物にならなくなってしまうのだとか。
そのため、お肌に乗るまできちんと成分を保ちつつ、お肌に乗せても刺激が起こらないよう、化粧品メーカーはビタミンCにちょっとした加工を施しているのです。これを、ビタミンC誘導体と言います。

ビタミンC誘導体には様々な種類があり、どこまで浸透するのか、どんなスキンケア機能を持つのかが少しつづ異なってきます。特定の美肌&若返り効果を狙うのであれば、使われているビタミンC誘導体の種類もきちんと見極めるようにしましょう。

  • APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム)
    従来のビタミンCと比べて100倍の浸透力があり、水・油両方に馴染み真皮まで成分が到達するためハリ・弾力・シミなどに効果的
  • VC-IP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)
    元々体に存在する脂肪酸で出来ており、安全。油溶性で比較的奥まで浸透するのでシミ・抗炎症などに効果がある
  • リン酸アスコルビルマグネシウム
    高純度で安定した成分で、短時間で角質層に浸透。炎症や毛穴などに即効性がある。水溶性のなかでは最も効果が高い。
  • ビタミンCエチル(アスコルビル酸エチル)
    即効性が高く、塗ってすぐに効果が出て、3日ほど効果が続く。長期保存も可能なので、長く使うコスメにおすすめ。

化粧品だけでも効果は高いですが、プラスアルファも大切!

ビタミンCの美容効果をお肌に届けるには化粧品を使うのが最適。それに加えて、食事からも摂取しておけば成分が浸透しづらい真皮層でのコラーゲン生成が促進されたり、活性酸素にお肌の元となる細胞生成を阻害されることもなくなるため、ターンオーバーごとにさらに美肌に生まれ変われます。

体の中では作り出すことができない成分で、タバコ・飲酒・ストレスなどでも消費されてしまいますから、積極的に食品から摂取していきましょう。過剰に摂取した分は体外に排出されるだけなので、ご安心ください。とはいえ摂りすぎは体に負担をかけますから、サプリメント等は1日の摂取目安をきちんと守りましょう。

【成分別】若返りの化粧品を使い比べ 体験レポートを今すぐチェック!

※本サイト「お肌の若返りガイド」は、お肌を若返らせる方法について個人が調べた情報と一般の方にご協力頂いて作成した体験談をまとめています。成分や化粧品などの情報は、2015年9月現在のものでありますので、最新情報は各公式サイトで確認してください。

注目の成分「水素」の若返りの秘密を徹底解剖

教えて!お肌若返りQ&A

サイトマップ