• 【成分別】若返り化粧品を使ってみました
  • お肌の若返りを助ける成分
  • おすすめ若返り化粧品はこれ!
  • お肌を10歳若返らせる基礎講座
  • 教えて!お肌若返りQ&A

肌が老化するメカニズム

若い頃のお肌はツルツルでハリがあったのに、年齢を重ねていくと、きちんとケアしていてもシワ・くすみが増えていきます。なぜお肌は老化してしまうのでしょうか?肌老化の原因をきちんと知ることで、若返りのカギとなるポイントを理解することができますよ。

まずはお肌の仕組みを知ることから

私たちの肌は、表皮と真皮という2つの層で成り立っています。

新しい肌細胞は、表皮の一番下にある「基底細胞層」から作られ、約28日間にかかって表皮の一番上に到達し、角質層となります。その後、約14日で垢として剥がれていきます。これがお肌のターンオーバーというものです。
しかし、歳をとってくるとお肌を作り出すスピードも、お肌が上に押し上げられるスピードも鈍化してしまいます。角質層の表面側もなかなか剥がれ落ちなくなり、層が厚くなりお肌がゴワゴワになってきます。メラニン色素も皮膚に残るようになり、シミやくすみがなかなか落ちなくなってくるのです。

肌細胞の下、真皮には線維や毛細血管、リンパ管などがあり、これらが表皮に酸素や栄養を送り届けています。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった保湿成分は「繊維芽細胞」という細胞から分泌され、この層でお肌のハリ・弾力を維持しているのですが、こちらも年齢を重ねると生成量が減り、シワが出来てしまいます。

一般的に化粧品は、表皮や真皮まで到達できる成分も稀にありますが、ほとんどは角質層までしか浸透しないと考えてOKです。そのため、肌表面の保湿や炎症緩和などの効果を求めるのであれば化粧品から、内側のハリや弾力を呼び戻すなら体の内側からケアしなくてはならないのです。

お肌が老化する4大原因

  • 光老化
    紫外線による刺激を長年浴び続けることで、シミ・しわ・たるみが引き起こされます。お肌に最も悪い影響を及ぼす原因と言われており、特に顔に影響が出やすいのが特徴。紫外線をほとんど浴びない内腿やお尻などは、若い人でも年取った人でもそこまで差異がありません。外に出るときは短時間でも日焼け止めや帽子、日傘など万全の対策をしましょう。
  • 細胞の酸化
    体内に取り込まれた活性酸素が細胞を攻撃し酸化させることでダメージになります。細胞だけでなく、真皮のコラーゲンを硬くして弾力を失わせるためさらに老化が進みます。活性酸素は紫外線にあたったり、ストレスや喫煙、大気汚染、脂質・添加物の多い食事でも発生するため、抗酸化物質を摂取するとともになるべく活性酸素を発生させない生活を心がけましょう。
  • 皮膚の乾燥
    お肌がもともと持つ保湿成分のピークは20歳、それを過ぎると年齢とともに潤いが減り、角質層の表面が剥がれやすくなり、隙間ができてさらなる水分蒸発を引き起こします。その結果、表皮は乾いて薄く硬くなり、シワができやすくなっていきます。また、隙間から刺激が伝わりやすくなり肌トラブルにつながります。
  • 皮膚が薄くなる
    年齢を重ねると上記3つの要因により真皮層にある成分の減少、ターンオーバーも衰え表皮が薄くなってしまいます。さらに、更年期を迎え女性ホルモンが減ることでコラーゲン分泌低下、新陳代謝低下を招きます。皮脂線(お肌を柔らかく保つ天然成分)の生成速度も遅くなり、肌の衰えに繋がっていくのです。

年齢を重ねると体の機能が衰えてきたり、閉経など女性特有のホルモン変化があるため、お肌が老化していくのは仕方ないこと。ですが、自分で気をつけられるポイントはいくつもありますよ。若いころはあまり差がつかないかもしれませんが、30代後半に突入したころから、きちんとケアしてきた人と、何もしてこなかった人の差はどんどん開いてきます。お肌の老化を防ぎたい方、すでにエイジングサインが見える肌を改善させたい方は、なるべくお肌を刺激から守る生活を心がけるようにしましょう。

【成分別】若返りの化粧品を使い比べ 体験レポートを今すぐチェック!

※本サイト「お肌の若返りガイド」は、お肌を若返らせる方法について個人が調べた情報と一般の方にご協力頂いて作成した体験談をまとめています。成分や化粧品などの情報は、2015年9月現在のものでありますので、最新情報は各公式サイトで確認してください。

注目の成分「水素」の若返りの秘密を徹底解剖

教えて!お肌若返りQ&A

サイトマップ