• 【成分別】若返り化粧品を使ってみました
  • お肌の若返りを助ける成分
  • おすすめ若返り化粧品はこれ!
  • お肌を10歳若返らせる基礎講座
  • 教えて!お肌若返りQ&A

肌の正しいお手入れ方法

お肌の若返りを目指すなら、たっぷりアイテムを使った手厚いスキンケアが大切!と思っていませんか?間違ったスキンケア・化粧品は刺激になるため、逆に老化を促進させてしまいます。若々しいお肌を目指すために心がけたいスキンケアの鉄則をお伝えします。

ステップ別・スキンケアを見直そう

STEP1 クレンジング

クレンジングはお肌に乗った汚れやメイクを落とすために必須。ですが、最も肌を傷めやすいためにアイテム選びとケア方法には注意が必要です。

まず、目元や口元などの濃いメイクを専用リムーバーで落とします。皮膚が薄いところを過度に擦ると、シワの原因になりますからなるべく摩擦を起こさないように!
続いて顔全体にメイク落としを円を描くようにくるくると馴染ませていきます。先に手で人肌程度に温めておくと伸びが良くなり、お肌を無駄に引っ張ることもありません。

STEP2 洗顔

洗顔料はたっぷり泡立てることで、ほとんど摩擦を与えずに汚れを浮かせることができます。念入りにマッサージする方もいますが、逆に汚れを毛穴に押し込んでしまったり、肌をこすりすぎる可能性があるので洗顔中のマッサージは避けたほうが良いです。

クレンジング・洗顔両方に共通することですが、すすぎはとにかく念入りに!30回はすすいだほうが良いです。つい手をばしゃばしゃと動かしてしまいますが、顔と手の摩擦が刺激になるので、手に水を溜めて顔にやさしくつけるようにすると無駄に擦らずに済みます。

クレンジングのあとW洗顔をする方も多いと思いますが、クレンジングはメイクだけでなく皮脂や角質も落とすことができます。洗顔は「皮膚に残ったクレンジング剤を落とす」ことが目的なので、初めから皮膚に残りづらいタイプのクレンジングを使った場合は洗顔はしなくてもOKです。

STEP3 化粧水

洗顔で失われてしまった潤い成分をお肌に与えてあげるのが、化粧水の役目。たっぷりと使ってお肌の水分量を回復させましょう。

叩いて浸透させるようなケアは確実に刺激になるので絶対にNG。手に馴染ませ、軽くハンドプレスする程度で大丈夫です。コットンもお肌を叩きすぎてしまったり、繊維でお肌を刺激してしまうことがあるので、素手のほうがおススメです。(コットンだと化粧水もより多く使うため、コスパも落ちます…)

お肌表面に化粧水が残っていると、これが蒸発していくときに肌内部の水分も一緒に持って行ってしまいます。化粧水はたっぷり使うのが良いですが、お肌の許容量を超えないよう、注意しましょう。

STEP4 乳液・クリーム

乳液やクリームは化粧水でお肌に与えた水分が逃げないようにフタをする役目をします。

高保湿のものばかりをたっぷり塗るのは一見良さそうですが、過剰にフタをしてしまうため毛穴が詰まる原因になったり、保湿剤なしではいられない「保湿依存肌」になってしまいます。乳液、もしくはクリームだけで過ごしてみて特に乾燥を感じないのであれば、どちらか片方だけでも大丈夫です。

お肌に大切な保湿というのは、表面を油膜で覆うことではなく、セラミドや天然保湿因子を与えて潤してあげること。油分系の保湿アイテムを急に減らすとお肌が一時的にシワシワになってしまうことがありますが、2ヶ月もすれば化粧水+ほんの少しの油分だけでお肌が見違えるように元気になります!過剰に乳液・クリームを使っている方は早いうちにケアを見直してみることをオススメします。

STEP5 UVケア

最後に、欠かしてはならないのがUVケアです。

紫外線はお肌にもっとも害悪とも言われ、ほんの少し浴びただけでも肌荒れや乾燥、シミ、シワなどを引き起こす原因となります。化粧下地やファンデーションなどにはUVカット効果が期待できるものを選びましょう。

UVカット効果は数値が高いほど日焼けで赤くなる・黒くなるまでの効果を引き伸ばしてくれます。なので、わざわざ数値が高いアイテムを使わずとも、数値が弱いアイテムをこまめに塗りなおせば大丈夫です。また、化粧品など以外にも帽子や日傘などは非常に有効。普段からなるべく日差しを避けるように心がけましょう。

紫外線が強いのは真夏のじりじりとした日差しだけではありません。曇りの日でも、冬でも、紫外線は降り注いでいます。さすがに冬場に日傘を使えとは言いませんが、メイクアイテムによるUVカットは常に意識しておきましょう。

【成分別】若返りの化粧品を使い比べ 体験レポートを今すぐチェック!

※本サイト「お肌の若返りガイド」は、お肌を若返らせる方法について個人が調べた情報と一般の方にご協力頂いて作成した体験談をまとめています。成分や化粧品などの情報は、2015年9月現在のものでありますので、最新情報は各公式サイトで確認してください。

注目の成分「水素」の若返りの秘密を徹底解剖

教えて!お肌若返りQ&A

サイトマップ